CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

LARDINI【ラルディーニ】スーツを用いた英国クラシックなビジネスコーディネートをご紹介致します。

こんにちは。
 
CINQUE CLASSICO OSAKA店のカミカワです。
 
始まりましたね、PITTI UOMO【ピッティウオモ】。
 
今回は姉妹店のCINQUE un ALTRO【チンクエウンアルトロ】からは西澤店長と、Cinq essentiel【サンクエッセンシャル】からは山本バイヤーが参戦!!!
 
お決まりのカムクラでエネルギーを補充して無事出発したようです!
 
早速インスタグラムで流れてくるPITTI情報を拝見しておりますが、私も昨年の春夏にイタリアへ行ってきましたので、今回はイメージが沸きやすいなぁと感じております。 
 
にしても、今回の西澤店長は私のイビキ地獄から開放されるので、さぞフィレンツェからゆっくりとご就寝出来る事でしょう。汗
 
PITTI UOMO【ピッティウオモ】では目立ってナンボ!
 
と、目がチカチカするようなコスプレイヤーさん等もいらっしゃいますが、やはり一番カッコ良いのはシンプルなアイテムを上品に着こなしている方だと思う訳です。
 
それを踏まえ、今回はベーシックにまとめました。
 
題して、LARDINI【ラルディーニ】スーツを用いた英国クラシックなビジネスコーディネートをご紹介致します。

 

g1

 

スタッフ身長182cm、体重72kg

コート TAGLIATORE【タリアトーレ】シングルチェスターコート 着用size48
楽天
 
スーツ LARDINI【ラルディーニ】パッカブルシングルスーツ 着用size48
楽天
 
シャツ BARBA【バルバ】ドレスシャツ 着用size40
楽天
 
ネクタイ FRANCOBASSI【フランコバッシ】ネクタイ
楽天
 
チーフ FRANCOBASSI【フランコバッシ】チーフ
楽天
 
シューズ EDWARD GREEN【エドワードグリーン】CURZON  着用size8

 
バッグ CISEI【チセイ/シセイ】934 MF NERO シボ革 ドキュメントケース
楽天
 
グローブ GANTIER CAUSSE【ガンコス/コース】手袋/グローブ 着用size7 1/2
楽天
 
 
 

この厳しい寒さはやはり体に堪えますよね…。
 
暖冬暖冬と騒がれておりましたが、先日からの厳しい寒さは例年の2月並みのようです。凍
 
ここまでの寒さとなりますと無意識に肩が凝っちゃったりしますが、カシミア素材であれば暖かい上にこの軽さですから肩凝りなんて解消です!
 
弊店で数年継続的にオーダーしておりますTAGIATORE【タリアトーレ】のカシミアシングルチェスターコートはお陰様で大変大阪店でも人気を寄せております。
 
そのネイビーチェスターの下には今季らしいLARDINI【ラルディーニ】のグレンチェックのスーツをセレクト。
 
同社の事は語らずとも皆様はご周知かと思われますが、数々のビッグメゾンブランドのOEMを手掛けている事もあり、その着心地の良さやスタンダードなシルエットには定評があります。
 
グレンチェックはタイトルにもあります通り英国調代表柄の一つであり、長くから老若男女問わず色んなシーンで用いられる廃れない柄でございます。
 
ビジネスシーンにおいては必要な知的さも印象として与えることが出来、コントラストがあまり付いていないグレンチェックの為、こちらのFRANCOBASSI【フランコバッシ】のポップなストライプタイでもサマになります。
 
手元、足元、バッグはオールブラックで統一をする事でとてもシックで色っぽい男性像を創り上げる事ができます。
 
「新年早々肩凝りは懲り懲りですわ~」と寒い親父ギャグをかましている方、こちらのスマートでヌクヌクなビジネスコーディネートでお仕事に精を出してはいかがでしょうか。
 
ご参考頂けmust幸いです。


>>他のLARDINI【ラルディーニ】商品はコチラ

CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP

 

>>他のTAGLIATORE【タリアトーレ】商品はコチラ

CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP


>>他のBARBA【バルバ】商品はコチラ

CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP


 


>>他の FRANCOBASSI【フランコバッシ】商品はコチラ

CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP


 


>>他のGANTIER CAUSSE【ガンコス/コース】商品はコチラ

CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP


>>他のCISEI【チセイ/シセイ】商品はコチラ

CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP


>>他のEDWARD GREEN【エドワードグリーン】商品はコチラ
 

  • TAGLIATORE【タリアトーレ】シングルチェスターコート CFBL13X 35UIC072 B3232 カシミア ネイビー 着用size48

    TAGLIATORE【タリアトーレ】シングルチェスターコート CFBL13X 35UIC072 B3232 カシミア ネイビー 着用size48

    販売価格(税込): 162,000 円


    今回ご紹介致しますのは、今季の目玉商品と言えるカシミア100%のチェスターフィールドコートです。
    メンズの代表的なコートにはトレンチコートやダッフルコート、ピーコートなどがありますが、どれも元々は軍用として用いられていた物が、一般に広まったものとされています。
    しかし、チェスターフィールドコートはチェスターフィールド伯爵がデザインし、仕立てたとされています。
    チェスターフィールド伯爵は”英国紳士のシンボル”と呼ばれダンディズムの象徴となっている方です。
    つまり、チェスターフィールドコートはメンズのコートの中で生まれも育ちも最もエレガントでダンディズムなコートと呼べるシロモノなのです。

    近年、冬になると雑誌に度々登場するスポルヴェリーノコートで軽やかな仕立てですから、普段着のカジュアルスタイルに取り入れて頂くのもオススメです。
    もちろんスーツやジャケットの上に着て頂くスタイルが王道ですが、細身のシルエットに仕上げられていますので、厚手の生地のジャケット・スーツの上に着られることが多い方は、ワンサイズ上をお選び頂くこともご検討頂いた方が宜しいかと思います。
    ただし当店では、いつものサイズをお選び頂いて、シャツ・ニットの上に着てジャスト、ジャケット・スーツの上に着られる時は基本は前を開けて着て頂くことをオススメしています。
    さらにカシミア100%の生地を採用いたしておりますので、これぞ最上級コートと呼ぶにふさわしい一着です。
    そんな最上級のコートがこの価格でご提供できるのは、ユーロが高騰している昨今の状況から考えると、2度とないかもしれません。

    クラシック回帰が叫ばれる今、過去の同モデルより着丈が少し長くなっております。同モデルをお持ちの方々にも買い替えをお勧めする程の大きな変化でございます。
    男性のとりあえずの一着。

    ネイビーカラーのカシミアチェスター。

    王道で不動の人気を誇り、今もなお弊店でも人気が絶えません。

    お仕事ではもちろん、冠婚葬祭等オケージョンを選ばずに着用出来、深い色だしとカシミア素材の持つドレープ性に富んだ至極のネイビーカラーです。

    万が一、既に今年購入するコートのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。
  • LARDINI【ラルディーニ】パッカブルシングルスーツ JM057AQ IGEW51702 1617 ウール ポリエステル ストレッチ グレンチェック グレー 着用size48

    LARDINI【ラルディーニ】パッカブルシングルスーツ JM057AQ IGEW51702 1617 ウール ポリエステル ストレッチ グレンチェック グレー 着用size48

    販売価格(税込): 146,880 円


  • FRANCOBASSI【フランコバッシ】ネクタイ U18I-M02/7 シルク ストライプ ネイビー×ダークベージュ

    FRANCOBASSI【フランコバッシ】ネクタイ U18I-M02/7 シルク ストライプ ネイビー×ダークベージュ

    販売価格(税込): 17,280 円


    FRANCOBASSI【フランコバッシ】は、イタリア北西部にある世界的に名立たる有名なシルクの生産地であるコモ(Como)でフランコ・バッシ氏によって創業されました。

    創業された当初はメンズ製品の生地を中心にたった3人の職人のみで運営しており、彼ら職人業のクオリティの高さが評判を呼び、ラグジュアリーブランドからも賞賛を浴び、イタリア国内のみならず次第にヨーロッパ各地にその人気を拡大していくことになりました。
    少人数の経営を基盤とし、手裁断と手縫製によるハンドメイドを基本にし生産と時代の空気を取り入れるトレンド性の高さが特徴的でシーズンごとに約300種類ものデザインを発表し、冬はウールとカシミヤ、夏はシルクやリネンなど素材にこだわったネクタイ作りを手がけています。
    現在も縫製は創業当時から一貫してイタリア・コモで行なわれています。
    トラディショナルでもどこかモダンで洗練されたカラーリングやパターン、そして何よりも職人が丁寧につくり出す品質の高さで他を寄せ付けません。

    今回ご紹介致しますのは、老舗が手がけるタイドアップにぴったしな一品です。

    上質なシルクをふんだんに使用したタイはシルクの光沢感、なめらかな質感フワリとした軽さを持ち、良質なシルクの表情がビジネスに最適なネクタイですので、Vゾーンを華麗に演出してくれます。

    万が一、既に今年購入するのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。

    これからの季節、非常に重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なFRANCOBASSI【フランコバッシ】ネクタイをご愛用してみては如何でしょうか。

    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • EDWARD GREEN【エドワードグリーン】CURZON 915D BLACK CALF(シューツリー込) 着用size8

    EDWARD GREEN【エドワードグリーン】CURZON 915D BLACK CALF(シューツリー込) 着用size8

    販売価格(税込): 196,560 円


    1890年、エドワード・グリーン氏はノースハンプトンの小さな工場で紳士用の手作り靴を作り始めました。
    瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げることになります。
    そのような名声や名誉を得る背景には、彼の美徳を追求する信条や卓越した職人技がありました。
    「でき得る限りの上質を求める」という氏の明快な哲学は今日に至るまで続いています。
    洗練され、履き心地が良く、頑丈。かつ軽快でスタイリッシュ。
    そんな靴一つ一つは、最高級品質のカーフスキンを使い、職人による伝統的な手作業で作られます。
    グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰としてエドワード・グリーンは着実に歴史を刻んでいます。
    それは万国に共通する魅力を持った、一目見ただけで見分けがつく英国の靴です。
    ヒールカップを小さめにした日本人の足型によく合う木型で、高いフィット感を実現しています。
    靴底とアッパーの縫製に、既成靴ではあまり見かけないヒドゥンチャネルソール(縫い目を靴底に見せない仕上げ)を使用しており、普段あまり見ないようなところにも気を配っています。
    また、釣り込み(靴の成型のこと)を昔ながらの手作業で行っているので、土踏まずの辺りのフィット感は他の革靴に類を見ないほど素晴らしいと言われています。
    エドワードグリーンは創業100年を超えるイギリスの老舗シューメーカーで、既成靴の中では最も丁寧な作りであるといわれています。
    使用している革は非常にキメの細かいもののみを使用しており、磨けば磨くほど美しい光沢が増すといわれています。

    CURZON【カーゾン】

    グッドイヤーウェルト製法ながら、シャープなシルエットでプレーントゥトゥのラスト915Dを採用。

    ラスト(木型)はエドワードグリーンからニューモデル“915”を採用。

    優雅で基本となる木型の“82”に華を添えるかのような流麗さを取り入れており、サイドウォールを主張したシルエットはラスト890のエッセンスを採り入れています。
    シャープなラスト915と控えめな表情のプレーントゥの組み合わせはフォーマルにも対応可能で、足元をスタイリッシュに表現するために最適なモデルと言えます。
    美しいラウンドトゥは本物が分かる大人の為の洗練されたフォルム。
    完成度は高く、クラシックなスーツスタイルからモダンなジャケットスタイルまで幅広く対応可能な汎用性も兼ね備えた一足。

    万が一、既に今年購入する靴のイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。
  • CISEI【チセイ/シセイ】934 MF NERO シボ革 ドキュメントケース ブラック

    CISEI【チセイ/シセイ】934 MF NERO シボ革 ドキュメントケース ブラック

    販売価格(税込): 50,760 円


    CISEI【チセイ/シセイ】

    Firenze在住のデザイナー大平智生氏は、東京出身で工業デザインを学び1995年に渡伊。
    革鞄作りの世界に身をおき、11年間職人、フリーのモデリストとして活躍し数々の有名ブランドの仕事を手掛けました。
    そして、2006年に自らのブランド、CISEIを形にしました。
    「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」をブランドコンセプトとしています。
    CISEIのバッグは、クラシックをベースにしながらも、実用性が考慮されたデザインやこだわりの強い素材使いが特長です。
    フィレンツェの鞄メーカーでパタンナーとして有名ブランドの数多くの製品に携わっていた経験をもとに、素材選定はもちろんですが、手間のかかる伝統的な職人技を取り入れて丁寧に作り上げられています。
    クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味の良さを感じさせる素材とのマッチング。
    そして今となっては、一部のブランドにしか使わないレザー芯のハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。
    ドイツの有名タンナーでなめされた型押しレザーやシュリンクレザー、ソフトスムースレザー、イタリア製のライニングに使われるピッグスキン、革の野性味しっとりとしたフランス製カーフレザーなど、こだわりの素材に大平氏が息を吹き込みます。
    内側は上質なピッグレザーで大切な小物類を優しくに包み込んでくれます。
    ちょうど良い大きさで収納力にも優れています。
    これからのビジネスシーンにも重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なCISEI【チセイ/シセイ】をご愛用してみては如何でしょうか。
    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • GANTIER CAUSSE【ガンコス/コース】手袋/グローブ H0003 AGN NOIR No lining ブラック ラムナッパレザー 着用size7 1/2

    GANTIER CAUSSE【ガンコス/コース】手袋/グローブ H0003 AGN NOIR No lining ブラック ラムナッパレザー 着用size7 1/2

    販売価格(税込): 32,400 円


    GANTIER CAUSSE【ガンコス/コース】

    1892年にポール・コース氏が創立した、フランスのグローブブランド。
    創業当時はGANKOS(GANTS CAUSSE)(ガンコス)という名前で設立されており、こちらのブランド名の方が聞き覚えがあるかもしれません。
    日本の伝統芸術やイタリアクラシコ協会同様に、フランスにも伝統工芸を奨励する、国が認定した人間国宝が存在します。
    現在、従業員数は35人。年間でも作り上げられる数量はごく僅か。

    コース家はその一族で、現在は4代目が伝統技術を継承し、HERMESや、Yves Saint Laurent、GUCCIなど名立たるメゾンブランドのグローブも製造しています。
    最高品質のものを使用し、自社の工房で製作される伝統芸のグローブは世界各地で支持されています。
    ちなみに、「GANTS」(ガン)は、フランス語で「手袋」の意味。
    「CAUSSE」(コース家)によって設立されたメーカーですので、"コース家の手袋"といったところでしょうか。

    GANTIER CAUSSE【ガンコス/コース】は最高峰のラムレザーを使用しております。
    きめ細かな艶と発色の良さがその美しさを感じることができます。
    熟練された職人が代々受け継ぐ伝統的な手仕事によって仕上げます。
    それは創業当時から一貫して守られているそうです。

    「グローブとは、第二の皮膚である」
    その言葉が表す通り、しっとりと手に吸い付くような感触を味わえます。
    それは、ノーライニングの1枚仕立てであることに加え、立体縫製であるからではない
    でしょうか。
    熟練したフランス職人による丁寧な手縫いは、ピッチの具合に現れています。いい具合にパーツひとつひとつが縫い目に沿って動いてくれるので、手の輪郭にぴったり馴染み、その感覚は手縫いならでは。
    マシンメイドでは味わえない、着用時の一体感は最高の手袋といわれるです。

    また、サイズ感も他の手袋よりも小振りです。
    薄くしなやかで無駄を省き、決して大きくはない日本人の掌にはよく馴染みます。
    使い込むたびに自らの手をコピーするように変化していく感覚は驚きです。
    きっと、皆さんが抱く"手袋"という概念を打ち破ることでしょう。

    *ラムナッパレザーの特性上、ペッカリー素材のグローブと比較しますとハーフサイズ程、小さめの装着感となります。

    イタリアやイギリスの製品にはない、フランスらしい洗練されたエレガントな雰囲気が漂います。
    もちもちとした感触で、手をしっとりと包み込んでくれているようなしなやかさが印象的です。
    男らしく生真面目な相棒というよりは、上品な色気を感じさせてくれるのが特徴でしょうか。
    フランス製品の典型的な特徴が見事に表れています。
    着け心地はもちろん、コートやジャケットの胸ポケットのアクセサリーとしての役割でも存在感を発揮してくれます。
    グローブは肌に近くだからこそ、革本来の質感を、素肌で実感していただけます。長時間の着用も苦にならない極上の付け心地を一度体現してみてはいかがでしょうか。