CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

あのドンペリに勝ったロゼ!?~カミカワのDay酔い事情~vol.2

Duomo~!!!
 
呑んで呑まれてまた呑んでの上川です!
 
~カミカワのDay酔い事情~では、酒呑みの私ならではの”オススメ酒”やちょっとした酒知識等をお届けするという、非常~に勝手な内容でございます(笑)
 
本日は、その第二弾という事で、久しぶりの投稿~(酔)
 
当ブログをご覧のお客様もきっとお酒好きな事から!?(勝手な偏見…。)
ハイボール片手にゆるりとご覧下さい~!
 
 
さてさて、改めまして夏本番を目下に皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
本日は、販売してから売れすぎて販売中止になりましたアサヒさんの生ジョッキ缶の再販売日~!!!(スタッフもテン上げです)
そんな国民の体内アルコール度数が高くなる祭日に当ブログを投稿出来るとは、、、何て日だ!!!
 
はい。
 
本日は、私がかれこれ呑んだ本数は数知らず…。(酔)
(リアルに、累積で60本はいってる…)
 
な、泡のロゼをご紹介!
 
大阪のバル地下に、我が庭程までに足を運んでいた時に出会ったんです。
 
数年前放映された某テレビ番組で人気シリーズだった『芸能人格付けチェック』でワイン通と称される芸能人に目隠しでティスティング対決した際に、5人中3人が今回ご紹介のスパークを「美味しい!!」と、偉大なるドンペリ・ロゼに見事勝ったという凄い伝説を持っているロゼの泡。
 
それがその名も「ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ」。
 
因みに”カヴァ”は、シャンパン(シャンパーニュ)と同じ伝統的製法で造られる、スペイン・カタルーニャのスパークリングワインの事を指します。
 
代表の藤原に教えて頂いたのですが、正式にはフランス・シャンパーニュ地方のものを”シャンパン”と呼ぶので、泡の事を何でもシャンパンと呼ぶのは本来は間違っているんです。
 
製造方法が同じでも場所が違うと名前が変わるという事ですね!
 
 
そんなロジャーのお味ですが、辛口のロゼなんです!
普通はロゼと聞くと甘口が多かったりするのですが、私も年々甘いのが苦手になってきておりまして…。
 
こちらはきめ細やかで落ち着いた炭酸ですが、スキッとした辛口な喉越しと相まってこれからの暑い時期なんかにはとてもピッタリなんです!
 

 
ご覧の通り、見た目は見事なロゼ色で、口に含んだときの苺の香りとチェリーの酸味までは誰もが感じる事が出来る分かりやすいお味かなと!
 
そんなロジャーにハマリにハマリ、もはやどこかへ旅行に行く際にも必ず購入してお持ち込みする程まで…。
 
あのドンペリに勝ったとは言えども、お値段が駅マルシェ等で¥2,000前後なのでコスパが良すぎるんです!汗
 
宅吞みが増えたこのご時世に一度お試しあれ!
 
Ciao~。酔